行田店のブログ

走行会

2023.09.22

2023 AE86 N1 レース 決勝編

続いて決勝編であります

スターティンググリッドはポールポジション エース笠原
二番手 レジェンド荒木
その間にP-FRとTTC1400が入って
3番手 リミックス佐藤選手
となっております。
気温・路面温度は少し上がり、湿度は半分に。
レースクイーンのお姉さんにも隣に立っていただいて記念撮影。
最近のエース笠原の定位置のゲート下に到着であります(笑)
グリッド上でトッチーやらYMSレーシングチームの人にさんざんっぱらプレッシャーをかけられた後フォーメーションラップであります。
いざスタート‼
1コーナーで並ばれるも・・・
1ヘアまでにはトップをキープ
このままいつもどおりマージンをキープ‼かと思いきや
今日はなぜかレジェンド荒木が乗れてる
最終コーナーで一度エース笠原の内側にノーズが入り、ホームストレートでイン側がら突撃
エース笠原もアウト側で1コーナーを並んで立ち上がり1ヘアへ。
そしたらなんと今度がレジェンド荒木がアウト側で粘る
さらに今度はダンロップコーナーでエース笠原がアウト側で粘る
80Rを並んで通過。
2ヘアでエース笠原がアウト側で粘る
このまま最終コーナー勝負か⁉
なんと2ヘア立ち上がりでレジェンド荒木に軍配
1ヘア観覧席で見ておりましたが珍しく一般観客の方が多く、このシーンで結構湧いておりました。
大丈夫まだ6周ある
当然、あきらめる周回数ではないのでエース笠原猛プッシュ
ですが沼尻も経験ありますがレジェンド荒木は・・・ブロックが上手いんであります
後ろを走っていると行きたい所に先に行かれてしまうので無理なラインを強いられる事になるであります。
実は地味ですが非常に高等技術であります。ある意味お手本のような抑え方。
筑波2000の特性上、オーバーテイクは至難の業。
なんとエース笠原を抑えてレジェンド荒木が今シーズン初優勝
15周のバトルは体力的に非常に消耗します。
エース笠原は悔しい顔ですが優勝のレジェンド荒木は目がキマッております。大丈夫!?(笑)
正式表彰でも順位変わらずペナルティもなし。
第三位 リミックス佐藤選手も外から見てると普通にレースしておりました。右足骨折してるのに(笑)
優勝レジェンド荒木選手おめでとうございます。
シリーズポイントはポールポジションの数で現在もエース笠原がトップ。
次回は11月。最終戦までやっぱりチャンピオンは分からない
次回は倍返しだっ

2023.09.19

2023 AE86 N1レース Rd.2 予選編

まだまだ気温が高い中、筑波サーキットにて開催されましたAE86 N1レースにエース笠原と参戦して来ましたのでご報告であります。

いつもこっち側しか写していませんがコントロールタワーを挟んで逆側の1コーナー側のピットは参加車両でいっぱいであります。
SーFJやVITA、ノート・マーチの方々がいらっしゃいます。
今回も混走でTTC1400・ヴィッツ・P-FRと一緒であります😀
AE86エントリーは
78号車 エース笠原
6号車 レジェンド荒木
51号車 リミックス 佐藤選手(右足骨折中)
合計3台の争いであります。
気温28.9℃ 路面温度32.1℃ 湿度75% 気圧1000.4hPa
と、全くタイムが期待出来ない環境の中、朝から予選が始まるであります。
エース笠原はミッションオーバーホールも作業し、タイヤはA050 GSコンパウンドを使用。
この気温だとMコンパウンドも視野に入れる可能性があるであります。
路面温度も高いので当たり前ですが1発勝負であります。
基本、GSコンパウンドは暖気しないのでインラップはタイヤをこねくり回さないように走り、最終コーナー手前から全開がセオリーであります。
予選スタートであります🤟
たまたまエース笠原が一番手スタートだったので前方は完全クリア
ゲート通過1発目からアタック予定なので早く回りすぎると他カテゴリーとバッティングする可能性があるのでほどほどの速度でうまくインラップをこなしアタックスタート
一発で出たタイムは1′08″015惜しくも7秒台には届かず
季節を考えると毎年8秒台の戦いなので上手くアタック出来たと思います。
ここで2番手のタイムとなる1′08″346をマークしたレジェンド荒木であります。
その差0.331秒・・・距離にすると約2台分の距離なので油断はできないでありますがひとまずエース笠原のポールが確定であります。
ここで驚いたのが右足骨折中のリミックス佐藤選手。なんとエース笠原から0.972秒落ちの1′08″987をマークしたであります
ギブスしてるので車椅子でレーシングカーに乗り込み、アタックが終わったら車椅子でピットに戻っておりました(笑)
骨折しててもポールから1秒以内に収める気合の入ったアタックでした。
次回は決勝編‼お楽しみに‼

2022.06.06

2022 AE86 N1レース Rd.1筑波 予選編

残念ながら昨シーズンはシリーズ第2位で幕を閉じた我らがエース笠原の新たなシーズンの開幕であります。

TTC1400(スターレット)、P-FR(2リッターNA FR)AE86 N0ヴィッツ。

今回から86 NR-A(TGR86/BRZレースとほぼ同一レギュレーション)の開催が決定sign01

なんと上記5クラスは混走でありますrun

合計16台のてんやわんや状態。

もうレースなんて慣れたもんsign03・・・・・・と言いたい所ではありますがエース笠原は毎回極度の緊張状態でありますsign03(笑)

今年こそはシリーズチャンピオン取りたいsun

AE86勢は

レジェンド荒木選手。「ノーメンテは壊れない」との謎の主張をしてるであります。

 

優良運送屋さん 篠崎選手「レーシングスーツが縮んだsign01

 

クールスーツとドリンクは必需品 新関選手「今年こそは帽子がほしい・・・(ウィナーズキャップ)」

 

の4台で争うであります。

今回からの86NR-Aにこのブログでは毎度お馴染みシティーオート吉田社長が参戦good

レースができればどこまでも行ってしまう超行動派impact

今回から過去にトッチー&日比野選手が86BRZレースに参戦したYMS54号車をレンタル企画にて丸徳商会様の直井選手にドライブして頂きました。

スケジュールの都合上、前日練習の翌日本番と、厳しい状況となりましたがどこまで行けるかsign02

 

予選は路面のみウェット。若干乾き気味の難しい状態。ちなみに予選も混走なので早いマシンと遅いマシン、お互いの状況を読み合う必要があります。

我らがエース笠原は週3回のドリフト走行会で鍛えた腕があるので劣悪な環境には強いであります。(残り3日はゴルフで残り1日は仕事だそうです。)

 

AE86勢はタイヤは全車A050 GSコンパウンド タイヤのアドバンテージはない・・・

予選スタートsign01

全車フルアタックの模様。

5分経過・・・レジェンド荒木がトップsun

どんな状況下でもなぜか安定してタイムを刻むレジェンド荒木dash走ってる時間は間違いなくナンバー1

ですが我らがエースが黙っていない。

クリアラップを取るのにかなり苦労しましたが10分経過あたりでトップ奪還sign03

そのまま予選終了となりました。

3番手 優良運送屋さん 篠崎選手

4番手 クールスーツとドリンクは必需品 新関選手

エース笠原は2~3周分ほかのマシンよりタイヤの温存に成功。

タイヤエアはかなり悩みましたがツインリンクもてぎで似た環境の経験があったのでそのデータに合わせたところバッチリでした。

 

86NR-Aはシティーオート吉田社長が抜群の速さを見せポールポジション獲得shine

86/BRZレースで鍛えた走りはさすがでした。

丸徳商会 直井選手はマシンとコースへの慣れと前日はドライだった路面に対して本番がハーフウェットという厄介な状態に苦戦。

2番手スタートとなりました。

 

決勝は間違いなく晴れ。なおかつ路面温度急上昇は間違いないであります。

エース笠原に関しては後ろのレジェンド荒木がコンマ1秒しか離れていないのでいつ順位が変わってもおかしくない。

 

さらに予選中にTTC1400の2台がAE86に割って入るタイムを叩き出し、決勝中に絡むこと間違いなし。

この出来事がこの日一番驚きました。

 

見ているほうは面白いがやってるほうは気が気じゃないレースの決勝編はまた次回でありますcatface

2022.04.16

YMS走行会 日光サーキット お疲れ様でした

 先日のYMS走行会in日光サーキットにご参加された皆様、大変お疲れ様でしたsign03

奇跡の晴天の中、とても盛り上がった走行会だったと思いますshine

 

ゲストで来て頂いた日比野選手、塚本選手、丸一日ありがとうございましたsign01

 

今回も沢山同乗走行させて頂きましたが・・・4WD一台、FF3台、FR1台と最近はFRが少しずつ減ってるイメージでありますsign01

中には同乗走行後に2秒も上げた強者も・・・

特にZC33Sのスイフトが増えてきた印象でありますsun

 

人気が出る理由も当然分かるであります。軽量ボディにターボの組み合わせはいつの時代も人気が高いでります。

爆発的な加速がないので乗りやすく、旋回しながらアクセル踏んでいけるのが魅力でありますcatface

時代はFFですかねsign02(笑)

アンタッチャブル沼尻でしたchick

 

次回は10月にまた日光サーキットで走行会でありますsun

次回も是非ご参加お待ちしておりますhappy02

 

2022.02.23

YMS走行会 筑波サーキット お疲れ様でした

 先日のYMS走行会in筑波サーキットに参加された皆様、大変お疲れ様でしたsign01

天候にも恵まれて平和な一日となりました。

今回も、毎度お馴染み日比野哲也選手をお招きして沼尻と同乗走行を担当して頂きました。

 

今回も10人以上の方に乗って頂きましたが「友達に絶対乗って来たほうがいい」と言われて来る方が多かったであります。

真剣にスピードや荷重移動の違いに驚く方もいればジェットコースター気分で楽しむ人も、もちろんいらっしゃいますsign03(笑)

(日比野選手の横のほうがジェットコースター感はすごいであります。(笑))

 

最近、タイムの伸び悩みを抱えている方が増えております。

乗り方なのか車のセッティングなのか・・・・・

 

今回、YMS行田店の超常連様で「同じような仕様の車より圧倒的に自分が遅い」とお悩みの人がいらっしゃるので走行会前から相談を受けておりました。

超常連様なので勝手にsign01車載カメラとデータロガーを搭載してみましたsign03(笑)

沼尻が同乗しなくても走行内容が分かる唯一の方法であります。

 

データと動画を確認してみると・・・・・一目瞭然sun

でも面白かったのが、話だけ聞いて沼尻が想像していた問題点と実際の走行データから見えてきた問題点が違う・・・・問題が多すぎたsign03(笑)

伸びしろたっぷりで今後が楽しみでありますdog

後日、お楽しみ反省会予定でありますshine(笑)一つ一つ順番に、丁寧に解決して行きましょうnote

今後の為の大事なデータが取れました。これからが楽しみであります。

 

次回は、4月13日(水)日光サーキット グリップ・ドリフト走行会でありますthunder

ご参加お待ちしておりますshine

2020.08.16

YMS走行会についてご報告

 皆様、いつもYMS店舗をご利用頂きまして誠にありがとう御座います。

今年のYMS走行会ですが予定しておりました

10月 日光サーキット グリップ&ドリフト走行会

11月 筑波サーキット グリップ走行会

上記どちらも中止とさせて頂きます。

 

未だに終息の見えない新型コロナウィルスにより参加される皆様、参加される皆様のご家族、運営サポートの皆様、運営スタッフのウイルス感染防止を考え今年のYMS走行会を中止させて頂きたいと思います。

 

いつもYMS走行会に参加されている皆様、そして今回のYMS走行会に参加希望だった皆様、大変申し訳御座いません。

来年、新型コロナウィルスの終息が見えてくるようであればまたYMS走行会の開催をしていきたいと思いますのでその際は是非ご参加くださいますようよろしくお願い致します。

 

YMSスタッフ一同

2019.12.17

YMS走行会 筑波サーキット

 今年もあとわずかsign03

皆さんやり残した事はありませんか?沼尻は家の大掃除をしたいshock

そんな訳で本日は気が早いかもしれませんが来年2月7日YMS走行会のご案内でありますhappy01

毎年恒例でありますがこのタイムアタックシーズンに筑波を走らないわけにはいかないでありますdog

この時期、この走行会に合わせてハイグリップタイヤを購入する人はもちろん、この走行会に合わせてエンジンオーバーホールする人までいる一大イベントでもあるであります。

 

実は沼尻もこの走行会を楽しみにしていて、「沼尻ぶっ〇〇すsign03」とやけに気合が入ってる桃色が好きな人が約一名。その争いに巻き込まれた焼き鳥帝王が約一名。あと、キャバ王が約一名。どう考えてもドッグファイトになってしまうメンツなので沼尻個人的には走行会ではなく「レース」になってしまう可能性大でありますspa

なぜか負けられない戦いがそこにある。

 

この人達のグループと同時にコースに出た方は面白いものが見られますよhappy02

実は前回も数名の方に「2台だけのAE86 N1レース」がご好評頂いたでありますshine

タイムアタック忘れてずっと見てましたって人までいたでありますsign03(笑)

今年の傾向から言うと一か月前にはほぼ埋まってる状態なので走ろうか考えてる方は早めに申込みのほうをよろしくお願い致します。

以上、コンプライアンス沼尻でしたchick

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31